よく見たらあたしも鰭ンツェで大体こんな体勢

0
    180123_2209~01.jpg
    寝ているアタルの隣で
    ガラケー使って
    検索しまくってた

    「子猫 脳 左半身麻痺」

    「子猫 脳疾患 麻痺」

    「子猫 右脳 疾患 麻痺」

    あたしは
    アタルの左手と左足
    (特に左足)が
    触っても反応しない事に気付いた

    右手と右足は
    触ると爪を立てたり
    嫌で縮めたり
    噛み付いたりするのに
    左手と左足は
    伸びてプラーンとして
    無頓着なままだと
    気付いた

    「体の右側の麻痺は
    左脳だか脳の左側だかに障害があって
    左側の麻痺は
    右脳だか脳の右側だかに障害があって」
    みたいな話を
    聞いた事があったので
    気になって調べ様と
    検索しまくっていた

    途中、母ちゃんが
    何度か喋りかけてきても テキトーにあしらって
    黙々、検索し続けた

    それでも喋りかけられ
    またテキトーに
    あしらうつもりが
    それがアタルの話題で
    半ばヘラヘラと
    「何とかなんだろ」
    みたいに言ったから
    あたしは吠えた

    「なんなのよ!泣き言ばっか言ったりヘラヘラしたりコロコロコロコロ!!アタルはオカーの飼い猫でしょ!本来ならオカーが面倒見るんでしょ!アタシはオカーが不安がってメソメソメソメソ言って来るから来てるんだよ!何とかしようとして来てんじゃん!ちょっとでも安心出来る様にこうやっていろいろ調べたり対策考えたりしながらアタルの面倒見てるんじゃん!そんなヘラヘラしてられるならあんな泣き言言わなくていいでしょ!オカーがしっかりしてたらわざわざライブ明けに電車乗って雪道歩いてまで来る必要なんかないんだよ!人を暇人みたいになんなのよ!真面目にやってよ!!アタルより何よりオカーがちゃんとしてよ!!全く!!」

    それで母ちゃんは
    やっと黙った

    あたしは検索を再開した


    するとたまたま
    どこの誰のだかは
    知らないが
    飼い猫の
    闘病記録を載せている
    ブログを見つけた

    その人の飼い猫は老猫で
    病は脳梗塞だったけど

    治療法がほぼ同じ

    使っている薬も
    辿っている経過も

    そして症状も麻痺で
    (アタルとは反対の
    右半身だったけど)
    同じだったから

    あたしはそのブログを
    読み耽った



    内容をざっくり言えば
    その人の飼い猫は
    治療効果で
    症状が改善した

    けれども麻痺は残った

    だからその人は
    「麻痺がある猫」として
    見方を変え
    飼い方を変えていった

    関わる他の家族も
    麻痺を当たり前として
    受け入れ
    まんま愛でる様になった


    脳梗塞で麻痺がある
    老猫の飼い猫は
    治療を薬物投与から
    自然治癒に移行して後も徐々に徐々に
    回復し続けた

    ろくに歩けはしないが
    立てる様にはなり
    寝ながらの
    オシッコウンコも
    起きてトイレで
    出来る様にまでなった

    そして特に何が
    悪化する事はなしに
    後4年も生き
    老衰の形であの世に
    旅立ったのだった



    そのブログには
    闘病記録と合わせて
    その人の
    その時その時の
    心境も記されていた

    病の発症に面食らい
    「治らないかも」と
    考えて狼狽え
    連日連夜の看病で
    寝不足になって
    「これをし続けるのか」と不安になったり
    苛立ったり暗くなったり


    でも段々
    病の猫に慣れていき
    段々
    寝不足にも慣れていき
    段々、前向きになり
    対処の仕方もマスターし笑える様にもなり
    マイペースを掴み

    山越え谷越え
    平らに均すまで

    経て経て経ての
    その記を読んで

    「そうだよなー
    そうなるよなー
    あたしも
    そうだもんなー」
    と沁々思った


    そこでアタルが起きて
    山ほどエサを食べて
    ガブガブ水を飲んで
    いっぱいウンコして
    オシッコもした

    そこで母ちゃんも
    起きたから
    それを報告したら

    「それはよかったなー
    食べるのは食べてたけど
    ウンコもオシッコも
    あんまりしてなくて
    心配してたんだよー
    ああー
    よかったよかったー」
    と深々言った

    あたしも
    「何が治った訳じゃ
    ないけど
    良くなっては
    いるみたいだね」
    と返してた

    ついさっき
    吠えた事なんか
    勝手に失せてた

    気持ちが
    独りでに緩んでた


    「あたしの
    苛立ちの原因は
    母ちゃん云々よりも
    アタルの病に
    あったんだなー」

    きっとそうだ

    けど母ちゃんにも
    なくはない



    よかったよかったで
    眠った筈の母ちゃんが
    また起きて来ては
    「よかったと思ったら
    嬉しくて寝れない」

    また起きて来ては
    「お前
    いつまで起きてるの!」

    また起きて来ては
    「寝れないと
    具合悪くなるんだよなー困ったなー嫌だなー」


    良くても悪くても
    気に病む
    気に病む事の種を
    拾って歩いては
    ブツブツくどくど
    終いにメソメソヘラヘラ


    「いーから寝てよ!
    今眠れないなら
    明日の昼間寝ててよ!」


    結局また吠えていた
    このあたし

    早々さよなら
    緩みちゃん(∇_∇)ノ))



    けど闘病ブログは
    すごく助けになった

    その人が作った
    麻痺猫用の寝床やトイレ とかの写真も
    参考になった

    アタルもたぶん
    麻痺が残るだろうと
    思うんだ

    あたしはだから
    「麻痺がありながらも
    自力で歩いて
    エサを食べたり
    トイレに行ったり
    出来る状態まで戻れば
    御の字」と考えてる

    母ちゃんにも
    腹立ちながら
    そう思える様に

    例え
    そうまでも戻らず
    要・手助け状態に
    なったとしても

    「見てたら見慣れるし
    扱い方にも慣れるし
    慣れたら手助けも
    苦ではなくなるよ」
    とかちょいちょい言って
    言いくるめ様としてる

    いつだって
    今のアタルがアタルだし


    今がどんなでも
    それが今だし

    昔は昔だし


    わ!アタルが起きた!
    エサか!今やる!
    この食いしん坊万歳め!
    (;`ノ◇´)ノ

    つー訳で実家到着

    0
      180123_1453~01.jpg
      アタルは
      寝たきりだったが
      特に何も
      悪化していなかった

      ホッとした

      プラスが無くても
      マイナスが無いなら
      セーフだ

      因みに母ちゃんは
      1人でなくなった途端
      上機嫌でベラベラ

      及びベタベタ

      あたしは
      お腹いっぱいにて
      承らず( ̄⊇ ̄)


      出掛ける前に一筆

      0
        180123_1127~01.jpg
        雪解けの外は
        一面、銀世界

        明るく眩しい

        ロトは早々
        「もう買った」
        んだそーだ

        かつては
        母ちゃんの浮気相手
        今は母ちゃんが
        オトモダチと言い張る
        おじさんに
        頼んだのだろう

        まー好きにしてくれ
        ( ̄⊇ ̄)知るか!

        つー訳で
        野暮用が減った

        泣き言言ったって
        今はまだ真っ昼間

        母ちゃんは
        起きている時間だし
        アタルの面倒見は
        出来なくない

        慌てず支度だ

        荷物にはなるが
        水道代と電気代を
        浮かす為
        山ほどの洗濯物を
        持って行くとするか!

        以降の現場が
        まだ1つもないから
        どうにかしないとな!

        ああーそれにしても
        テツヤコムロ会見は
        見る度
        暗い気持ちになる

        弱り切っている
        テツヤコムロに
        「大変なのは
        わかりますけどぉ〜」と
        短く前置きして
        後長々責め立てる人を
        見るのも嫌な気分だ

        「自分の
        身の回りの事は
        自分で
        戦わなければいけない」
        という
        たけしの意見は
        最もなので

        戦えるだけの力を
        取り戻して貰いたい

        まー
        うちの母ちゃんと違ってハレンチは
        通用しないが(笑)


        鰭ンツェの窓辺

        0
          180123_0820~01.jpg
          昨晩のライブに
          客は来なかった
          (やっぱり)

          whiskyと銃声の客が
          1人来ていたが
          whiskyと銃声を観た後
          メンバーの1人と共に
          とっとと帰った
          (利口な選択だ)

          豊田ユウスケは
          来られなかったんだろう出演キャンセル
          (だろーなー笑)

          同じく
          「たぶん
          キャンセルだろう」
          と思われた
          タカムラとタカダチカラ


          けれども2人共来た

          タカムラは無事に
          そして
          タカダチカラは
          無事でなかった

          タカダチカラは
          来る途中に転倒していた


          その際
          地面に着いた左手首を
          強打していた

          聞けば痛みは
          ヒビが入ったか骨折か
          とにかく
          ハンパないレベルらしく


          それでも
          「アドレナリンを出して誤魔化します!」と
          ステージを
          やり切ったものの

          やり切り直後
          アドレナリンが切れ
          ハンパない痛みが
          増し増しでぶり返し
          早々撤退した
          (帰り道で再転倒
          していない事を祈る!)

          結局
          最後のあたしの出番まで
          居たのは
          whiskyと銃声のyone
          とみたそうた。
          ストールンシネマ
          YOSHIO
          タカムラ
          URAOCB+店のスタッフ

          「この様な状況下で
          何を1人すんなり
          歌ってやるものか!」

          なのでステージには
          YOSHIOが上がり
          ケーナを吹きまくった

          URAOCBも上がり
          ラップしまくった

          とみたそうた。も
          上がって
          自曲を1フレーズ歌った


          厳密には
          上がったんじゃなく
          あたしに強引に
          上げられたんだけど(笑)


          3人共、気持よく
          ノッてくれ

          客席に居た
          yoneも
          ストールンシネマも
          タカムラも
          店のスタッフも
          ノッてくれ

          『大雪ライブ』

          全員総動員で
          盛り盛りにしての
          終演となった

          つー訳で
          めでたしめでたし

          …という事に
          しておこうか!!
          ねー!みんな!!
          (`∇´)ムハハハ!!


          で、帰り

          雪の降りは
          概ね止んでいたし

          あたしが乗る
          ローカル電車は
          そもそもが
          ノロノロ運転で
          乗客も少ないので
          難なく乗れ

          道は雪が積もって
          半ば凍り始めてもいたが
          あたしは長靴で
          滑らず転ばず
          サクサク歩いて
          無事、鰭ンツェに着けた



          で、翌日の今日
          あたしは早起きして
          母ちゃんに電話

          アタルの状態を聞くと
          「歩けないままだよ…」


          そして泣き言
          「やっぱり
          もうダメなんだね…」


          たった一晩
          1人で面倒見ただけで
          またすっかり
          メンタルは隠隠滅滅に

          (∇_∇)ったくよ〜〜

          「とりあえず
          兄貴は仕事
          休みらしいけど
          車は出せないって
          だから電車で
          そっち行こうと
          思ってるけど」

          隠隠滅滅を無視して
          あたしがそう言うと

          「あ、だったら
          ロト買って来て!」

          (▼_▼)ったくよー!!!!



          「あんた
          アタルを飼う気
          あるの?」

          あたしがそう言うと
          母ちゃんは再び泣き言を


          鬱陶しいから
          電話は切った

          あたしは一言だけ
          それを兄貴に愚痴ったが 一言で打ち切った

          ここは優先順位だ

          「先ずはアタルの為に
          考え動かねば!!」


          あたしは今から
          母ちゃんに
          母ちゃんが買って欲しいロトの数字を聞く
          (話したくないので
          メールで!)

          母ちゃんに対する
          諸々の腹立ちは
          「当たって儲けた金は
          病院代になるからな!」
          と考えを転化させて
          収めた

          泣き言は連鎖する

          泣き言を
          10000回溢すより
          たった1つでも
          手を貸す方が
          アタルには助けになる

          「昼過ぎになれば
          雪道も歩けるだろ」

          長男は仕事
          及び
          居場所は実家から遠く

          次男は父親として
          我が家の雪掻き中

          飼い主の母ちゃんは
          この通り
          全く持って頼れない

          あたしが面倒見ずして
          他に誰が面倒見るか!


          さてと支度しよう

          何がダメかもでも
          最善を尽くす!!!!!!

          束の間、頼りない母ちゃんに頼る

          0
            180121_1703~01.jpg
            某ゆきの
            明日の現場告知

            ━━━━━━━━━

            ●1月22日(月)
            新松戸【FIRFBIRD】

            FIREBIRD presents
            Being Alone Is Fashion

            《出演》
            ・whiskyと銃声
            ・とみたそうた。
            ・豊田ヨウスケ 
            ・ストールンシネマ
            ・YOSHIO
            ・タカムラ
            ・タカダチカラ
            ・URAOCB
            ・某ゆきの

            OPEN 17:00 START 17:30
            前売 ¥2000 当日 ¥2500
            + 1drink charge¥600
            スタート前ご来場の方に
            1ドリンク追加プレゼント
            ━━━━━━━━━

            「明日、朝から雪で
            一旦は止むけど
            夕方からまた降って
            夜まで続くって」

            「で、お前
            明日ライブで
            夕方頃行って
            帰るの夜だろ?」

            「ライブ
            断っちゃえば?」

            「だって
            どーせ客なんか
            居ないんだろ?
            お金だって
            電車賃くらいしか
            くれないのにさー
            雪降ってる中
            わざわざ出かけたって
            しょーがないよ」

            「断って行かない方が
            いいと思うよ」



            以上
            母ちゃんからの電話の
            クソ話(笑)

            家族を思う泉は
            溢れに溢れてるけど
            他人を思う泉は枯れて
            底がひび割れてるのよね
            (∇_∇)

            まーあたしに
            あーだこーだ
            物言いされた途端
            「オカーはお前が心配で言っただけだから
            別に無理にとは
            言わないよ、ハイハイ」
            って
            逃げる様に電話切ったし

            あたしも
            「母ちゃんは昔から
            あたしのライブ云々
            何の価値も
            持ってなかったし
            腹立てるのも今更か」
            と思って
            深追いしなかったけど


            とにかく
            あたしはライブの為
            今日の夕方
            鰭ンツェに戻った

            再び実家へ行くのは
            明日のライブの後
            もしくは明後日だ

            つまりその間は
            母ちゃんがアタルの
            面倒見をする訳だが


            ぶっちゃけ
            安心感0だ(▼_▼)

            明日の積雪状況より
            母ちゃんのアタルの
            面倒見状況の方が
            よっぽど気掛かりだ


            執拗にジタバタするか
            とんだ楽観視か

            どっちも頂けないのに
            どっちかばっかりな
            母ちゃん

            ああーアタルよ
            無事で居ておくれー
            (´谷`)

            もしも何かあったら
            鳴いて訴えるんだぞー
            (´谷`)

            猫が牛歩で復活中

            0
              180121_0731~01.jpg
              薬物投与から丸2晩経ち

              何とかこうして
              立てる様に!

              けどまーぶっちゃけ
              指先でチョン!と突けば
              即バタッ!と倒れる様な
              フラフラの
              ヨタヨタ立ちだから

              あたしが常々
              アタルの胴体を
              両手で挟んで
              囲ってるんだけどさ

              とりあえず
              「立つぞ!」って意が
              アタルの中にあるのは
              ハッキリしてる

              それが獣医が言う所の
              『生命力』って
              やつだと思うから

              あたしは諦めない
              及び回復
              焦るべからず!!



              地獄お疲れさん!!!!

              0
                180120_1719~01.jpg
                今日は点滴、及び
                2週間効き目が持続する
                抗生物質を注射

                その前に
                体温計を尻の穴に
                ぶち込まれたアタルは


                ギャアアアアアーー!!!!!(`∇´)と鳴いた


                それはまさしく
                断末魔の叫びだったが
                あたしは笑ってしまった
                (だって注射じゃなくて
                体温計だし!)


                で、とりあえず今
                アタルは天国で脱力中

                状態は
                母ちゃん曰く
                「昨日より
                ずっとマシだ!」だって!

                地獄行き手前の安眠

                0
                  180120_1442~02.jpg
                  今日は長男が病院へ

                  午後の診察は16:00から
                  後、40分って所

                  14:00過ぎ
                  早々やって来た長男は
                  今、母ちゃんを連れて
                  灯油買いとロト買いに

                  母ちゃん、家の中だと
                  アタル見て
                  シメシメシメシメ
                  泣き言ばっかだし

                  長男に家の外
                  連れ出して貰って正解!

                  で、あたしは暫し
                  アタルと留守番中


                  さてと、アタル

                  こうやって後ろ足が
                  真っ直ぐ伸び切ってる

                  突っ張ってガチガチ

                  ステロイド剤は
                  副作用なかったけど
                  その前に作用

                  してるんだかどうだか
                  (∇_∇)

                  とりあえず
                  目に見えての効果

                  なし!!

                  獣医
                  今日はどうする気か

                  アタルはきっと
                  また大暴れするぞ

                  既に長男見て
                  ハーッ!ハーッ!
                  牙剥いてるからさ

                  一夜明け

                  0
                    180120_0946~01.jpg
                    まだ俄然
                    立ち上がれませんなー

                    エサは食べるけど!

                    期待を描きつつ

                    0
                      180119_1902~01.jpg
                      あたしは
                      アタルの真横に居る

                      アタルの見張りは
                      ブログを打ちながらか
                      読書するかで
                      今夜一晩は付きっきり

                      お風呂はパスだ

                      ……………………

                      アタルの体は
                      母ちゃんが言った通り
                      「動けない」らしく
                      横倒しになった形のまま
                      寝た切り状態

                      けれどもたまーに
                      伸びをする様にはなった


                      「薬の効き目かー?
                      だったらいいなー!」

                      とりあえず
                      副作用めいた事は
                      今のところ
                      何も起こっていない

                      ……………………

                      伸びに次いで
                      時々目覚め
                      目ん玉をギロギロさせ
                      妙な声で鳴き
                      起き上がろうと
                      もがく様になったアタル


                      前足なら
                      ちょっと動かせる様だ

                      でも後ろ足は
                      ちっとも動かない

                      アタルはさっき
                      ちょっと動かせる前足を頼りに
                      体を起こそうとして
                      そのまま後ろに
                      ひっくり返って倒れた

                      支えにしたのが
                      ちっとも動かない
                      後ろ足だったのだ

                      そこでアタルは
                      また妙な声で鳴いた

                      「何で動けないのか
                      わけわかんなくて
                      イラついてるんだな」
                      と思った

                      あたしは
                      ひっくり返っている
                      アタルの体を起こして
                      元通りの横倒しの形に
                      戻して寝かせた

                      「寝たら治るから
                      いっぱい寝るんだよ」

                      後頭部を撫でながら
                      そう言ってたしなめ
                      寝かし付けた


                      普段は
                      寝かし付けて寝る様な
                      アタルではない

                      が、今夜は
                      スッと寝入ってしまう

                      「病を退治すべく
                      アタルの体も
                      戦っているのだ!」

                      と思ったのも束の間
                      また目覚めて
                      妙な声で鳴き始めた

                      ……………………

                      病院へ行ってから
                      経って7時間

                      あたしの読みでは
                      まだ後5時間位
                      こんな事の
                      繰り返しだろう

                      要はその先だ


                      calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << January 2018 >>
                      PR
                      selected entries
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM