これで昼間2時間350円×6回歌える!

0
    ML_170627_0425~02.jpg
    管理部U係長と
    営業部0支店長が
    名刺を持ってやって来た


    O支店長は
    ガラスのグラス片手に
    「お水一杯
    頂けますでしょうか」

    そしてグラスに水を汲み
    日に透かして
    色や濁りを見た後
    知らぬ間に
    「飲みました」

    あたしとU係長
    「え!飲んだんですか!」

    そこで更に
    あたしとU係長の前でも
    ほんのちょっと
    口に含んで見せて
    「臭いも味も特には…」
    首をかしげる

    でもそれ以上は飲まず
    外の通路に水を投げた


    U係長は
    あたしの誘導で
    バスタブの
    砂混じりの水を見て
    「ああー確かに」

    でも
    水の臭いを嗅いでも
    「うーん…」
    更に嗅いでも
    「すいません
    鼻が悪いのかな…
    正直わからないです」

    飲む気は
    サラサラ無かったし
    触るのも
    躊躇していた(笑)



    そうなる事は
    概ね予想していた

    検査結果が
    問題無しと出た以上
    それが全てだ

    よっぽど強烈な
    臭いを放っていなきゃ
    問題になんかしない

    この部屋の水は
    間違いなく臭うが
    今は強烈ではない

    どんな井戸水も
    出していれば
    臭いは薄らぐのだ


    だからといって
    2人は問題を
    丸投げしたりしなかった

    非をこちらに
    押し付ける様な真似も
    しなかった

    「こちらは
    結果が全てでも
    使えない水のままでは
    当然生活出来ないから
    解約は承ります」
    とO支店長

    でも
    払い戻し金額云々は
    O支店長では
    「何とも言えない」と

    U係長に
    「大家さんに
    事情を話して
    相談して欲しい」
    と頼んでいた

    U係長は
    「わかりました!
    いやもう前から話は
    してきてますから
    事情は
    理解してくれてるので
    解約の際の
    具体的な金額の事を
    これからまた話して
    改めて連絡入れますね!」
    電話の時と同じに
    明るくケロッと言った


    O支店長が
    「この度は
    誠にご迷惑おかけして
    すいませんでした」
    深々頭を下げ
    U係長も
    真似て頭を下げた

    そして2人は帰ったが

    きっと
    「水、臭くねーよ」
    とか
    「飲んで平気だった?」 とか
    言い合ってる気がした



    その後直ぐ
    甥っ子に連絡すると
    早速、例の物件を
    紹介してくれたが
    それはこれまであたしがボツにしてきた類の
    物件だったので
    ガッカリなった
    (∇_∇)

    次男にも連絡したら
    次男もスマホで
    物件を探して
    送ってくれたが
    家賃が30000超えで
    ガッカリなった
    (∇_∇)


    母ちゃんは
    あたしの話を聞いては
    いたものの

    「もーどうでもいいから
    そんな部屋は
    とっとと出ちゃいなよ!」(`∇´)ぎゃ〜ぎゃ〜

    「一々話してたって
    また長引くばっかり!
    いつまでも
    そんな所居るだけ
    面倒だよ!」
    (`∇´)ぎゃ〜ぎゃ〜

    「足らない金なら
    オカーが出してやるから!家賃少し位高くても
    違う所早く行きな!
    返ってくる金なんて
    安くたっていいよ!
    待ってるだけ疲れる!
    どーでもいいから話
    早く終わらせちゃいな!」(`∇´)ぎゃ〜ぎゃ〜

    騒いだり煽ったりで
    ゲンナリなった
    (▼_▼)


    金出すなんて

    そんなこたー
    もっと前に言えよなー
    ( ̄ 円  ̄)

    ここ借りる前に
    言うなら
    言ってくれつーの
    ( ̄ 円  ̄)


    そんな母ちゃんを尻目に
    とりあえず
    あたしは冷静に地道に
    交渉を続ける

    何せ
    O支店長もU係長も
    ちゃんと対応しよう
    態勢なんだからね

    契約金だの
    この3週間分の
    フォローだの
    払い戻し金額に
    納得がいけば
    そこで解約とする

    不納得ならまた交渉だ


    失敗の次は
    成功だろーが
    焦りは禁物!

    「ゆきの!結局は
    25000円だからだよ!
    安かろう悪かろうだよ!
    35000円くらいの
    借りなさいよ!!」

    「家賃払うのは
    あたしなんだから
    勝手に決めて
    話進めないのー」



    今夜の母ちゃんは
    喧しそうなので
    あたしは実家行きを
    明日にした

    タバコとご飯
    買いに出なきゃー
    ( ̄ 円  ̄)

    それにしても
    また荷造りか

    すっかりほどいたのに

    ヤレヤレだ
    ( ̄ 円  ̄)

    FIREBIRD楽屋にて

    0
      ML_170626_1816~03.jpg
      某ゆきの
      遠方現場告知

      ━━━━━━━━━

      〜賃貸物件トラブルの
      真っ只中にあるが〜
      『ごり押しで行こう!
      長野県!!』

      ……………………

      ●7月20日(木)
      駒ヶ根市
      【カントリーカフェ】

      ●7月21日(金)
      駒ヶ根【NIRVARSH】

      ●7月22日(土)
      飯田市【ふぉの】

      ●7月25日(火)
      松本市【マイシャトー】


      ●7月28日(金)
      飯田市【Space Tama】

      ━━━━━━━━━

      今回もまた
      客は片手で
      足りてしまったが(笑)

      共演者の
      慶皓(ギョンホ)とは
      鉄道の話を
      ストールンシネマとは
      映画の話を
      宮田崇寿(テニスボーイ)
      には帰り送って貰い
      ジュンペイとは
      久しぶりに会って
      近況の詳細を聞き
      沼田謙二朗のライブは
      まんまと録音
      初対面の
      ワカメケイナとは
      同じワカメ色の服で
      仲良く
      そしてYOSHIOちゃんには
      飛び入りで
      1曲目の「ヤッテモータ」のソロと
      ラストの「ヘイジ」の
      エンディングに
      ケーナをシュッ!と
      吹いて貰って大盛況!!


      今夜は漏れなく全員で
      打ち上げガヤガヤ

      前回共演者の
      whiskyと銃声の
      yoneちゃんも
      成田からわざわざ
      観に来てくれたし

      稼ぎの事は
      また
      そっちのけてしまった!

      ヒェ〜〜
      (`ノ◇´)ノ

      あ!でも
      テニスボーイ友の
      浜ちゃんが
      「前に買った毛玉を
      なくしてしまった」
      とかで1匹
      買い直してくれたっけ


      毛玉は
      あたしに協力的だな!
      (`∇´)むははは!


      つー訳で
      ライブは滞りなく
      片付いた訳だが

      物件トラブルは
      スペクタクルな展開に
      なってきた!!


      手短に説明すると

      水質検査の結果は
      「問題無し」

      なので大家さんは
      まんま井戸水使用続行
      滅菌器も付けないし
      水道も引かない

      残るは
      あたしの部屋の水
      「検査で問題無しでも
      臭いです!使えません!」

      そこで選択肢は2つ

      解約して退出するか

      はたまた
      「臭いけど
      問題無しだから」と
      騙し騙し
      井戸水を使いながら
      ここに居座るか

      あたしは解約退出選択

      Uさんもその件を
      「大家さんに相談して
      了解を得たら
      返却する契約金の額等
      具体的な話は
      営業部の方で」
      とまで話が進んだ



      10万にも満たない
      契約金だけ返されても
      他を借りるのは無理

      とりあえず
      実家に移り住むしか
      出来ない


      「こんだけ
      手間暇かけて
      闘って来た割には
      つまんねーオチだな」
      (∇_∇)


      すると
      Uさんから電話が

      「一度、私と
      営業部の者で
      部屋の状況
      見に行きたいんですが」

      「是非来て下さい!
      結果はどうあれ
      Uさんとはまだ
      会わず終いですし!」

      「わかりました(笑)
      行った時に部屋の水を
      採らせて下さい」

      「どうぞどうぞ!
      臭いも嗅いで下さい!」



      それは明日
      13:00になった

      が、その後
      (あたしが
      ライブの最中に)

      母ちゃんが
      不動産屋勤めの
      長男の息子(甥っ子)に
      連絡し
      あたしの事情を話した

      甥っ子は次男に電話し
      「ゆきのお姉ちゃんが
      今住んでいるあたりに
      家賃3万の物件がある」
      と話した

      次男から電話で
      その話を聞いた

      ついでに
      甥っ子にも電話するよう言われた

      更についでに
      「母ちゃんが
      幾らか出してもいいから
      そっちの物件に移れ!!
      と騒いでる」事も聞いた

      母ちゃんから
      じゃんじゃん留守電

      テニスボーイに
      送って貰った
      深夜1:00手前
      先ずは甥っ子に電話

      「とりあえず
      事情は婆ちゃんに聞いた
      こっちの物件は
      10万もあれば入れるけど自社物件でなく
      管理会社が仲介してる
      審査を上手く
      通さないとならない
      とりあえず明日
      そっちの件が済んだら
      連絡入れて」

      で、次は母ちゃん

      「お前〜
      何で今まで
      連絡しなかったんだ〜」
      愚痴愚痴愚痴愚痴

      「わかったわかった
      とにかく甥っ子とは
      話したから!」

      「少しくらいの金
      出してやるから
      そんな部屋は出な!
      水なんか取らせないで
      早く解約しちゃいな!」
      ガミガミガミガミ

      「とにかく話は
      あたしが
      上手くつけるから!
      頼むから先走らないで!
      とりあえずもう寝て!!」



      てな流れの
      家族をも巻き込む
      スペクタクル展開に
      なってきました!!

      ヒェ〜
      (`ノ◇´)ノ

      安かろう悪かろうな
      物件を掴んだ
      あたしではあるが

      オチがつくなら
      つまんねーでなく
      やはり何がしか
      ウィンウィンで
      あって欲しい

      こうなったら
      あたしが解約した際に
      受け取る契約金を
      そっくり
      甥っ子物件に回して
      甥っ子の手柄に

      あたしも
      実家に住むでなく
      ここと
      似たり寄ったりの
      実家に近い
      次男の家にも近い
      別な賃貸物件に


      Uさんや
      営業部の人には
      甥っ子の話は伏せ
      「別な物件を
      これから探します」
      とだけ話し

      やるだけやって貰ったし
      「仕方ないし
      もう諦めます」
      という事で
      いがみ合いは
      極力無くして
      何とか返却金を
      1円でも多く
      出して貰える様に相談


      とにかく
      関わった人が
      手を尽くしてくれた人が
      (営業部はどうでもいい) なるべく
      不快な思いをせずに
      あたしも大損は避け
      母ちゃんも出費せず
      甥っ子が手柄を挙げたら


      まー辛うじて
      ウィンウィンかな、と

      それが今のところの
      頭の中での計画


      また別な物件に
      住むとなると

      解約手続き
      とか
      引越作業をどうするか
      とか
      転出届けのし直し
      とか

      今月までやってきた
      クソ面倒の全てを
      再実行するハメに
      なるのだが


      この部屋の水は
      例え浄水器を付けても
      飲むには至らない

      この部屋の
      プロパンガス屋は
      ぼったくりで有名で
      基本料金だけで
      2000円も取るのに
      固定で
      他社に変えられない

      を回避出来るなら
      クソ面倒を
      片付ける気力はある!


      Uさんの話では
      大家さんは
      水質検査の結果に
      問題があったら
      「これを機に
      水道を引こう」と
      考えていたらしい
      (300万はかかるのに!)

      Uさんも
      「そうなってくれたら
      こっちも安心だから
      問題があったら
      そうして貰う気でいた」 と言い

      「でも問題無しで
      こっちも正直
      やり様が
      無くなってしまった」
      とも言った

      あたしもあたしで
      あたし以外の住人は
      何の物言いもせずに
      井戸水を使って
      いる訳だし

      自分だけが騒いで
      自分だけ特別に
      浄水器だ何だ
      付けて貰うよりも
      すんなり退室する方が
      事は丸く収まると思い


      少なからず
      不動産屋が悪徳でなく

      「当社の他の物件に
      移り住んで貰う手配は
      出来ないが
      違約金無しに
      途中解約もするし
      契約金も返します」
      とUさんも言ったから

      最悪な状況は
      免れられるなら
      それは
      よかったと思う

      だって
      悪徳な不動産屋って
      あるもんね

      あたしは以前それに
      痛い目に
      合わされかけたから

      それを思うと
      安かろう悪かろうは
      物件だけで済み

      「やはり人は
      悪くなくてよかった」
      という事で終わるから


      最善を尽くす所存也!
      戦士はまだ続くの巻!



      あれまー!
      朝になっちゃった!

      1日食わず終いだわ!
      ヒェ〜
      (`ノ◇´)ノ

      アタル先生また明日

      0
        170624_1136~01.jpg
        某ゆきの
        遠方現場告知

        ━━━━━━━━━

        〜賃貸物件トラブルの
        真っ只中にあるが〜
        『ごり押しで行こう!
        長野県!!』

        ……………………

        ●7月20日(木)
        駒ヶ根市
        【カントリーカフェ】

        ●7月21日(金)
        駒ヶ根【NIRVARSH】

        ●7月22日(土)
        飯田市【ふぉの】

        ●7月25日(火)
        松本市【マイシャトー】


        ●7月28日(金)
        飯田市【Space Tama】

        ━━━━━━━━━

        昨晩は部屋で寝た

        目覚めたら
        大汗をかいていた
        「シャワーを
        浴びなくちゃ!」

        そこに
        大工の兄貴から電話
        「今から実家に行くけど一緒に行くか?」

        兄貴の家から
        部屋までは2分

        あたしは
        急いで支度した



        兄貴が実家に行くのは
        アタルを定期検診で
        動物病院に連れて行く為


        あたしは
        シャワーを浴びるのと
        置いてあるギターを
        持って来る為に
        一緒に行ったのだか

        ものはついでで
        動物病院にも
        一緒に行った


        母ちゃんは
        自分が喋るばっかりで
        病院の先生の話を
        殆ど聞いていないし
        覚えていない

        だから病院での事は
        大工の兄貴ばかりが
        把握しているが

        あたしも
        知っておいた方がいい

        兄貴が居ない時
        アタルに何かあっても
        母ちゃんには
        頼れないんだから



        アタルの定期検診に
        問題は無かった

        以前
        母ちゃんが言ってた
        「アタルが
        猫エイズに…」
        とかいう話も

        よくよく聞くに

        「アタルちゃんは
        猫エイズに
        かかっているんじゃなく
        その抗体を持っている
        可能性があるんです

        猫エイズにかかると
        それと同時に
        猫エイズに対する抗体が体内に作られるんです

        アタルちゃんの体内にはその抗体がある様なので
        それはたぶん
        アタルちゃんの親が
        猫エイズにかかった時
        作られた抗体が
        遺伝したんだと思います


        アタルちゃんは
        生後2ヶ月ですから
        まだ遺伝の影響は
        ありますが

        後2、3ヶ月経ったら
        それも無くなるし
        再検査して
        抗体が無ければ
        猫エイズにかかる心配もないと思います」

        てな事だった

        「なんだー
        エイズじゃなくて
        抗体だったんだね」

        あたしが兄貴に言うと

        「先生も俺も
        散々そう言ったんだけど母ちゃんは人の話
        全然聞いてないんだよ!」と答えた


        そんな母ちゃんは
        アタルの予防注射の時
        「可哀想で
        見ていられない!!
        ゆきの!頼む!」

        慌てて
        診察室から出て行き

        治療費を払う時は
        受付の人に
        「アタルちゃん
        保険に入ったのよ!」

        しきりに話しかけていた


        受付の人が言った
        次回の検診日や
        子猫の躾の話等々は
        あたしと兄貴とで
        聞いて覚えたのだった
        (∇_∇)(∇_∇)



        アタルを実家に
        連れて帰った後

        あたしと兄貴は
        「あのスーパーで
        買い物したい!」
        と言う母ちゃんと
        あのスーパーへ
        一緒に行き

        「あそこの
        唐揚げ弁当食べたい!」
        と言う母ちゃんと
        あそこの
        唐揚げ弁当を買って
        一緒に実家で食べた

        食後は母ちゃんが
        兄貴に話かけながら
        アタルを構い

        兄貴はソファーに
        寝転がり
        つむつむをしながら
        アタルを構い

        あたしはその間に
        シャワーを浴びて

        髪の毛が生乾きな所で
        ギターを車に積んで
        兄貴と帰った


        兄貴の休みは週1

        ほぼ毎回
        その週1休みの半日は
        母ちゃんの何がしかの
        用事で潰れてる

        あたしも
        母ちゃんに会えば
        先ず母ちゃんの
        茶飲み友達にされるか
        ベタベタされるかで
        放ってはおかれない

        特にここに
        引越してからは
        井戸水問題で
        会う回数も3日に1回

        茶飲み友達も
        ベタベタも頻繁だ


        兄貴は
        「俺の休みが〜〜」
        と愚痴り

        あたしは
        「干渉が〜〜〜」
        と愚痴るが


        母ちゃんは
        お喋りが増し食欲が増し
        上機嫌上々!!!

        父ちゃん亡き後
        母ちゃんが唯一の親

        だから
        愚痴りながらも
        とりあえず付き合う

        付き合うが愚痴る


        今日もそんな
        日曜日になったのだった
        (∇3∇)ブ〜(∇3∇)ブ〜

        『ピンクの虫歯!』って意味らしい

        0
          ML_201706260002.jpg
          某ゆきの
          明日の現場告知

          ━━━━━━━━━

          ●6月26日(月)
          新松戸【FIREBIRD】

          FIREBIRDpresents
          "PINK CAVITY!"

          出演
          ・慶皓
          ・ストールンシネマ
          ・宮田崇寿
          ・ジュンペイ
          ・YOSHIO
          ・沼田謙二朗
          ・ワカメケイナ
          ・某ゆきの(21:30〜)

          open17:30
          start18:00

          前売 ¥2000
          当日 ¥2500

          ※+1 drink charge
          スタート前御来場の方に
          1ドリンク追加プレゼント
          ━━━━━━━━━

          「やっと
          電話くれましたね」

          「え?
          でも昨日まで会社
          社員研修で
          休みでしたからね!」

          「水質検査は
          結果どうなりました?」

          「あ!まだ
          わかんないんですよね!
          今朝、業者に
          確認はしたんですけど
          報告書が
          まだなんですって!
          たぶん今日か明日には
          報告書上げるって
          言ってたんで
          そしたら勿論
          直ぐ連絡入れますよ!」


          「わかりました
          連絡お待ちします」


          これ↑昨日の
          Uさんとの会話

          Uさんの態度は
          至って明るく元気

          つーか
          キョトンと
          ケロッと喋ってくる

          悪びれた様子は
          微塵もない



          って、なんなんだ!
          (∇_∇)

          ここは
          悪びれ上等だろが!!
          (∇_∇)


          あたしは
          Uさんが管理してる
          物件の問題で
          困った事になってる
          住人なのに

          電話かけたのも
          Uさんからの電話待ちに
          痺れを切らしてなのに

          ラフな態度
          とり過ぎだべ!
          (∇_∇)

          社員研修云々
          ペラペラ

          トンチンカンだ
          (∇_∇)


          Uさんが
          前向きな対処を
          してくれている事は
          わかっているが

          あの焦りのない
          慌てない感じ

          業者をも
          急かさない感じは

          あたしに対して
          「困ってはいても
          とりあえず
          何とか出来る人」

          つまりは
          「切羽詰まっては
          いない」という
          見方でいるからだろう

          何せあたしは今まで
          感情的に
          物言いしてないからね


          「やっぱ
          怒りなり嘆きなり
          きつい口調で
          言わないとダメかー」

          (´⊇`)ヤレヤレ


          …と、そこに
          またやっとの折り返し


          「どーもー!Uです!
          何かありました?
          あ!もしかして
          昨日の事ですか?
          報告書
          まだなんですよねー
          で、業者さんは今日
          お休みなんですよねー
          でも明日には
          連絡くれると思います!
          来なければ
          こっちから電話して
          確認入れますから!」


          あたしは
          声色を暗くしたまま
          愛想無しに言った

          「こんな季節ですから
          水が使えないのは
          大変なんですよ」

          するとUさんは
          「ですよねー
          すいません」

          あたしは更に言った

          「いつまでも
          こうじゃ困るし
          お金かかるばっかりだし
          とにかく連絡は
          頻繁に下さいね」

          するとUさんは
          「わかりました!
          とりあえず明日
          連絡しますから!」



          きつい口調なんて
          前もって準備して
          言うもんじゃないから
          これがせーぜー

          Uさんの
          トンチンカン頭に
          ガツン!となんか
          やれてないとは思うけど


          とにかく
          今後も「困ってる」事のアピールはし続ける

          笑わずに!!!


          実際、困ってるし

          あたしは1日も早く
          部屋で面を洗いたい
          (∇_∇)

          アタル先生も寝たしあたしも寝よう

          0
            170624_0012~01.jpg
            元気を無くしている人を元気づけたのは
            あたしの他にもう1人居た

            つーか

            元気づけようと
            動いたのは
            あたしじゃなく
            もう1人の方で

            あたしは誘われて
            便乗した
            オマケの様なものだ

            もう1人は
            人並み外れた
            人生経験を経ていて
            出来が頑丈には
            違いないが
            実は相当に寂しがり屋だ


            元気を無くしている人が元気を無くしたのは
            大事な人を失ったが故の
            寂しさが理由だが

            大事な人は
            もう1人にとっても
            大事な人であって

            2人の会話を聞くに

            実はもう1人の方も
            元気を無くしている人と
            同じくらい
            寂しさを抱いていたり

            ある部分では
            元気を無くしている人
            よりも
            元気を無くしている所があるのだと知った

            それでも
            元気を無くしている人を
            元気づけるべく
            動いたあたり
            「大したもんだ」
            と思ったが

            それはたぶん
            根っからの性分だろう




            若い時ならまだしも
            今はもういい年だしー

            人付き合いにも
            くたびれたしー

            仲間、仲間と
            騒ぐのにも飽きたしー

            だから
            「付き合ってらんねー」だの
            「面倒くせー」
            だの言っていた
            それはきっと本音だ


            でも面倒見がいい

            何だかんだ言っても
            放っては置けずに
            結局は誰ぞ
            面倒を見てしまう

            自分の寂しさや
            元気を無くしている事を
            振り返るよりも
            他人の面倒見に動く


            それこそ性分!


            本人がどう言おうが
            年はさほど
            影響しないと思うよ
            (`∇´)ギャハハハ


            なのであたしも
            面倒見て貰った

            帰り
            送って貰った

            間もなく夜明けであって
            あたしを送れば
            自分はろくに寝ずに
            仕事に行くハメなのに
            不機嫌そうな面を
            しながらも
            ちゃんとあたしを
            部屋まで送り届けてから
            帰って行った


            性分にも便乗して
            どーもすいません!
            (`∇´)ギャハハハ


            そういう性分の
            持ち主だからこそ
            面倒な仲間が
            くっつきたがる

            これからも
            頑張って!人気者!


            あたしも又
            便乗させて貰うかな!
            (`∇´)ギャハハハ



            どーでもいいけど
            アタル先生
            ずいぶん伸びてるなー

            マンマ食べて
            ウンコして
            走り回ったらネンネ

            幸せいっぱいだ

            アタルの体重1kg間近、ご飯は赤ちゃん用ジュレタイプからカリカリタイプ+水へ移行中

            0
              170623_1227~03.jpg
              ライブでも
              最後の最後が
              印象に残る様に

              人も死に際というか
              最後の最後が
              印象を残す様で

              例えば病の果てなら
              病に苦しんだり
              闘ったりな姿が
              まるでその人の
              全てみたいに
              思えてしまうけれども

              思えてしまうだけで

              実際の全ては
              他にもっと
              いろんな姿がある

              つーか
              闘病は末期であって
              そうなる以前の姿を
              思い起こさねば
              只「可哀想」なだけで
              幕引きさせてしまう様で
              とても嫌だ

              知り合いのマリちゃんも
              今は話の大半が
              最後の最後の事だけで
              悲観的になっている人が
              いっぱいなんだけど

              そうであれば余計に
              あたしは
              それ以前の姿を

              元気であって
              デタラメであって
              バカであった時の
              姿ばかりを思い起こすし口にもする

              今まで居て在った人が
              居なくなって無くなれば悲しく寂しく虚しく
              感情的になったり
              感傷的になったりが
              当たり前だけれども

              明るく愉快で面白く
              イタズラや冗談が
              好きだった人は
              居なくなって
              無くなったとしても
              胸の内には
              概ね変わらずに変えずに居て在る様に
              あたしはしておく

              だから父ちゃんも
              未だ小うるさく頑固で
              几帳面なまま
              清志郎も精力的で
              ユーモラスな姿のまま
              あたしの胸の内に在る


              でもさー
              人なんて
              そうそう利口には
              なれないもんだから

              五体満足で
              生きている最中は
              自分に対しても
              他人に対しても
              「いつか必ず
              死んでしまうんだ」
              なんて事を
              常に念頭に置いて
              付き合う事は
              なっかなか
              出来るもんじゃない

              だから些細な事で
              派手に嫌ったり憎んだり
              易々不仲になったり
              口一つきかなくなったり
              しちゃう事が
              あるんだけど

              知り合いか
              知り合いでなくても
              知っている人が
              居なくなって
              無くなったなら

              せめて
              命には限りがある位は
              学ばないとダメだろね

              あたしも気性としては
              荒かったり強かったり
              全く穏和じゃないし

              仏でなくて人間だから
              いけすかない奴とは
              どーしたって
              仲良く出来ないけど(笑)


              人は
              赤の他人であっても
              同じ人としては
              「大事に」

              大事に出来なくても
              無下にしない様に
              ぞんざいに扱わない様に


              せめて大事と
              既にわかってる人なら
              悪意を持ってしまっても
              何とか好意を
              引っ張り出して
              話を円滑な方向へ



              昔より今の方が
              そう出来る点では
              「年食うのも
              悪くないぞ!」って
              言ってあげられるかな

              若い衆に(笑)


              実家スタジオ

              0
                170623_1157~01.jpg
                某ゆきの
                遠方現場告知

                ━━━━━━━━━

                〜賃貸物件トラブルの
                真っ只中にあるが〜
                『ごり押しで行こう!
                長野県!!』

                ……………………

                ●7月20日(木)
                駒ヶ根市
                【カントリーカフェ】

                ●7月21日(金)
                駒ヶ根【NIRVARSH】

                ●7月22日(土)
                飯田市【ふぉの】

                ●7月25日(火)
                松本市【マイシャトー】


                ●7月28日(金)
                飯田市【Space Tama】

                ━━━━━━━━━

                歌った部屋は2Fの
                元々
                あたしの部屋だった部屋


                練習場にしたのは
                今日が初めてだけど
                そもそも
                実家住まいの時は
                部屋で歌ってたんだから
                「久しぶり」なだけだ

                あたしが歌い出したのは
                母ちゃんが
                ロトを買いに出た後で
                家にはあたし以外
                誰も居なかったけど

                近所には
                近所の人が居たし

                母ちゃんが言った様に
                「気兼ねなく歌いな!」
                という訳にはいかず

                雨戸を閉めたり
                ドアを閉めたり
                出来るだけの防音をして
                熱気がこもる中
                歌っていた



                小1、2時間歌って
                1Fに下りてみると
                母ちゃんが帰っていた

                「今、歌ってたの?
                何も聴こえないよ!
                練習場なんか
                わざわざ金出して
                借りなくても
                いいじゃない!
                ここで歌ってなよ!
                ホントに何も
                聞こえやしないんだから大丈夫だよ!!」


                その通りなら
                確かに
                大丈夫なんだろうけど

                大丈夫なだけで
                ここは民家なのだ

                それと
                「ゆきの!飯食べな!」
                「食べたら昼寝しな!」
                「歌う時に
                窓開けて歌いな!
                熱中症になっちゃうよ!」

                母ちゃんは
                足が痛いが理由で
                2Fに上がっては
                来ないけど

                お節介は
                家の中に居る限り
                ついて回る


                「やっぱ
                ここは臨時だわー
                練習場は練習場で
                ちゃんとないと
                ダメだわー」


                練習は
                誰にも気遣わず
                誰にも気遣わせずに
                やりたいもんだ


                今は
                井戸水問題が未解決で
                アパートだけでは
                どーしたって暮らせず
                週の半分は
                実家に来ているせいで
                母ちゃんは
                ほぼ同居している様に
                あれもこれもと
                面倒見をするけれど

                解決したら
                あたしの暮らしの場は
                アパートの部屋だ

                それを踏まえても
                2Fの練習場はやはり
                臨時にすべきだろう
                ( ̄⊇ ̄)んん


                とはいえ
                解決はいつになるやら
                井戸水問題

                この問題の責任者
                アパート管理部の
                Uさんからの連絡は
                昨日も今日もなく

                痺れを切らして
                Uさんの携帯に
                電話したら留守電

                メッセージを入れても
                折り返しがないから
                仕方なし
                管理部に電話すると
                今日まで5日間
                臨時休業中の
                アナウンスが流れた


                なので明日こそは
                Uさんから
                連絡が入る筈だ

                水質検査の結果
                どうなったんだろう

                あたしの望みは
                「水道を引く」
                なんだけど

                そうなるか
                ならざるか


                つーか
                いつまでも珍道中
                歩かせやがるなー
                (`∇´)コンチクショー

                毛玉工場始動!!

                0
                  170622_0635~01.jpg
                  某ゆきの
                  3日後の現場告知

                  ━━━━━━━━━

                  ●6月26日(月)

                  千葉県/新松戸
                  【FIREBIRD】

                  ━━━━━━━━━

                  一昨日の晩
                  元気を無くしている人を元気づけた

                  元気を無くしている人は稼ぎが多くて
                  貯金もたんまりあって
                  家まで買って持っている

                  元気づけたあたしは
                  稼ぎが無くて
                  貯金も無くて
                  目下、水が飲めない
                  賃貸で暮らしている

                  元気があっても
                  お金ない人と
                  お金があっても
                  元気がない人

                  どっちも
                  困っているのだが

                  たぶん後者の方が
                  大変だろう

                  前者は
                  働けば事済む
                  (∇_∇)

                  つまりはあたしが
                  抱える問題なんて
                  だから大抵
                  大した事はないが

                  元気を無くした人が
                  それを取り戻すのは
                  大した事

                  だって
                  それを取り戻そう
                  気力が必要だから


                  一昨日の晩
                  元気を無くした人は
                  たぶん精一杯
                  気力を奮って
                  あたしに会ったと思う


                  別れた後
                  「おかげで
                  元気になったよ
                  ありがとう!」
                  というメールを
                  送ってくれたけど

                  無くした元気は
                  思いの外
                  大量だろうから

                  どうか引き続き
                  気力を奮って
                  あたしでない
                  他の誰ぞにも
                  進んで会いに行く様に!

                  お金があるんだし
                  生きてるんだからさ

                  ドラ猫の分も
                  十二分に生きる様に!!

                  コレ!コレ!コレッ!

                  0
                    170622_0456~01.jpg
                    郵便物は
                    昨日の昼まで待っても
                    届かなかった

                    「こいつぁー
                    どうにもおかしい!!」

                    最寄りの郵便局に
                    電話するも
                    「こちらでは
                    わからないので
                    集配所の番号を
                    お教えします」

                    集配所に電話するも
                    「調べましたが
                    見当たりません
                    今日配る分の中にも
                    ありません」

                    郵便物の発送元の
                    市役所にも電話したが
                    「確かに16日に
                    発送しています」



                    「ええーーもおーー
                    何処行っちゃったのさー
                    あたしの郵便物ーー」
                    (;`ノ◇´)ノ


                    市役所は
                    「再度お調べして
                    折り返しお電話します」

                    集配所は
                    「別なお宅に
                    誤配送していないか
                    配達員にも
                    連絡していますので
                    確認した後
                    折り返しお電話します」


                    とりあえずあたしは
                    それを待つしかなかった


                    が、どーにも
                    落ち着かないので
                    ポストを開けてみた

                    「やっぱり
                    何も入ってない」

                    一応
                    中に手を突っ込んで
                    底を探った

                    「あるわけない」

                    ついでに
                    中の上の方にも
                    手を突っ込んで探った


                    「あ…なんかある…」



                    手の先に何か
                    クシャッとした物が
                    あって

                    それが
                    ポストの上の方に
                    挟まっている

                    摘まんで
                    引っ張り出したら
                    コレだった


                    「冗談だろ!!!!!」
                    (;`ノ◇´)ノ


                    日付を見たら昨日

                    昨日確かに
                    ポストで音がして
                    見に行ったけど
                    蓋を開けたら
                    何も入ってないから
                    気のせいだと
                    思ったんだけど

                    気のせいじゃ
                    なかったんだな

                    配達員は確かに
                    コレをポストに
                    入れたんだ

                    只たぶん
                    グッ!!と押し込んで
                    入れたんだろう

                    コレは中に落ちずに
                    上の方に
                    挟まったままに…


                    「なんだよおおー
                    昨日届いてたのかよー」
                    (;`ノ◇´)ノ


                    直ぐ様、集配所に電話
                    「ポスト再確認したら
                    入ってました!」

                    市役所にも電話
                    「今、届きました!(嘘)」

                    市役所には
                    「よかったです」

                    集配所には
                    「わざわざ
                    ご連絡下さって
                    ありがとうございます」


                    あたしは謝ったり
                    深々お礼を
                    言ったりした後
                    コレを持って速攻
                    流山市役所出張所に
                    向かい

                    無事
                    非課税証明書の申告を
                    済ませたのだった



                    ああーマンガみたい


                    つーか、バッカみたい!
                    (`∇´)ははははは!

                    これでも鳴くよアコギなギター

                    0
                      170620_1444~01.jpg
                      某ゆきの
                      遠方現場告知

                      ━━━━━━━━━

                      〜賃貸物件トラブルの
                      真っ只中にあるが〜
                      『ごり押しで行こう!
                      長野県!!』

                      ……………………

                      ●7月20日(木)
                      駒ヶ根市
                      【カントリーカフェ】

                      ●7月21日(金)
                      駒ヶ根【NIRVARSH】

                      ●7月22日(土)
                      飯田市【ふぉの】

                      ●7月25日(火)
                      松本市【マイシャトー】


                      ●7月28日(金)
                      飯田市【Space Tama】

                      ━━━━━━━━━

                      「弾こうか」

                      モーリスを握ったが
                      いかんせん
                      モーリスの声は響く

                      隣も下も居なかった
                      府中時代と違い
                      このアパートは全室
                      住人で埋まっている

                      「仕方がない」

                      モーリスの口を塞ぎ
                      猿ぐつわまで噛ませて
                      弾いた

                      ペンペンペンペン…
                      ペンペンペンペン…

                      強く弾いた

                      べべべべべべべ…
                      べべべべべべべ…

                      「エレキベースか!!」


                      音色は殆ど掴めない

                      練習になるのは
                      リズムカッティング
                      くらいだ

                      「近所付き合い
                      出来てたらなー
                      こんなこたー
                      しないんだけどなー」

                      しかし
                      まだ引越して間もない

                      付き合いは
                      まだ誰ともない


                      ( ̄⊇ ̄)やりづらっ!



                      たかだか壁1枚しか
                      隔ててなくて
                      物音がもろに
                      聞こえる距離に居るのに
                      他人面してるなんて
                      どーにも違和感ありあり


                      大体
                      お互い同じ形の部屋に
                      同じ金額の家賃を払って暮らしている訳だし

                      何をどう
                      よそよそしくする事が
                      あるやら

                      お隣さんとは
                      窓を開けて
                      面を合わせたら
                      「おはよー」とか
                      言い合う方が気楽だし
                      自然と思うけど

                      お隣さんは
                      こっちの物音を聞いて
                      こっちの様子を
                      伺ってるだろーし

                      だから鉢合わせ
                      しないんだろーし

                      あたしは
                      どっちかと言えば
                      鉢合わせして
                      話したいんだけどな(笑)


                      今のところ
                      そうしたがる
                      住人は居ないし

                      お隣さんも
                      そうはしないけど

                      まー
                      「いずれ
                      そうなればいいなー」
                      と思うから

                      相手がどうあれ
                      あたしの方は
                      警戒心を
                      強く持たないでいる



                      とはいえ
                      そうなるまでは
                      モーリスもこのザマで
                      (∇_∇)

                      仮に苦情が来たら
                      「あ!ごめんなさいね!」 愛嬌たっぷりに
                      平謝り攻撃して
                      相手を
                      黙らせる気でいるけど
                      (笑)今はとりあえず


                      あたしが
                      ここに引越した時
                      各部屋にポストインした
                      ご挨拶代わりの粗品には
                      あたしの部屋番号の他
                      「名字くらいは」と
                      書き添えたんだけど

                      この部屋のドアには
                      部屋番号しか
                      書いてなくて

                      どの部屋も
                      「何て名前の人が
                      住んでいるか」が
                      全くわからないのよね


                      同じアパートの住人の
                      名前も知らない
                      顔も見た事がない
                      会っても殆ど
                      口をきかない

                      たった8人しか
                      住んでないのに

                      災害とかあったら
                      助け合う事になるのに


                      仲良く
                      したがらないなんて

                      いけずな連中ね!

                      (`∇´)ははははは!


                      calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>
                      PR
                      selected entries
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM