<< 金曜日はお金の日 | main | ●間取り/1K >>

仮り押さえしてきた!

0
    f0a18132527044675d3ca2c53a4c79be0001.jpg
    返って来たお金を
    直ぐ様
    通帳にぶち込み
    直ぐ様
    そこから一番近い
    小さな不動産屋に入り
    直ぐ様
    物件探しを頼んだ

    そこは以前にも
    物件探しを頼んだ所で
    対応が実に親切


    が、見つからず

    今回も
    対応が実に親切

    が、見つからず

    つーか
    紹介された物件は
    1Fでプロパン
    1Fでプロパン
    1Fでプロパンで35000


    「ありがと
    ございました(T∇T)ノ」


    で、次はこの不動産屋の
    向かい側にある不動産屋


    初めて行く所

    ビルの4Fにあって
    中の様子も人の様子も
    わからない


    「もしかすると
    悪徳不動産かも(∇_∇)」
    ヒヤヒヤしながら
    エレベーターを昇ったが
    そうじゃなかった

    つーか
    かなり真っ当な
    不動産屋だった

    事務担当の女性が
    明るく迎え入れ

    営業担当の男性が
    あたしに名刺を渡し
    椅子に座るよう促し
    希望条件を細々聞き
    それを書き出して
    「では物件を
    探して来ますね」
    席を外した

    社内には他に
    誰も居ない様に思えたが 担当は誰かに
    あたしの希望する
    物件の話を

    すると
    スクッ!と立ち上がった
    もう1人の男性

    たぶん社長
    背が高い

    「あそこ!
    イケるでしょ!
    確か都市ガスだし!
    2Fだし!
    ロフト付きだし!」

    社長は
    担当にそう言った後
    突如あたしを見て
    こう聞いてきた

    「引越し
    9月頭でも大丈夫?」

    「はい!大丈夫です!」

    「だったら
    今はまだ人が
    住んでるんだけど
    たまたま今月末に
    解約で
    空く部屋があるから
    そこがいいよ!
    条件合うしオススメ!!」

    が、しかし
    担当がプリントアウト
    してくれたその物件
    家賃が共益費込み34000円

    (´谷`)あわわわ


    「家賃
    今、大家さんに
    交渉してみるよ!
    たぶん32000円には
    してくれると思うから!」と、社長

    「メンテナンスは
    しないで構わないし
    クリーニングは
    あたし専門だし得意だし
    自分で全部やりますから
    その分
    家賃下げて貰えたら
    助かります!」
    と、あたし

    すると社長は
    直ぐに大家さんに
    電話してこう言った

    「お部屋の方
    借りたいという方が
    今、来られていまして
    はい、女性で
    とてもいい方ですし
    クリーニングも
    特にしないでいいと
    言っておられていて
    家賃を31000円に
    なりますかね?
    あ、そうですか!
    ありがとうございます」


    (`谷´)わわわあ


    30000円はさすがに
    「無理!(笑)」
    と言われたが

    34000円→32000円が
    交渉してくれて
    31000円になった

    31000円なら
    ギリギリOKだ

    但し
    「内見してから
    決めたいので」
    と、あたし

    「まだ住んでるから
    内見は
    25日過ぎちゃうけど
    とりあえず
    押さえておけるから
    押さえとく?
    じゃないと直ぐに
    取られちゃうから!
    今まで見た人
    見たら絶対
    契約してる物件だから!」と、社長


    相手は不動産屋

    口が上手いは当たり前

    そこはホントでも
    煽りに煽られず
    冷静に(だってまだ
    話の上だけで実物
    見てないんだからさ!)

    内見した後
    キャンセルしても
    キャンセル料を
    取られない事を
    聞いて確かめてから
    押さえて貰う様
    申込書を書いた


    帰宅して数時間後
    保証会社から連絡が

    入居審査ってやつだ
    手回しが早い

    物件
    いい悪いの前に
    これが通らなければ
    そもそも借りられない

    事務的に
    テキパキ喋る女性に
    名前や住所や
    収入状況など
    身元の確認で
    いろいろ聞かれる中

    「今回
    こちらのアパートに
    転居される理由は
    なんですか?」

    そこで
    「今居るアパートの水が
    井戸水で使えないし
    飲めないし…」
    現状を話した所

    「え!それ
    酷いじゃないですか!
    大変じゃないですか!
    洗濯も出来ないじゃ
    ないですか!
    生活
    どうしてるんですか?」

    女性は事務的が一転
    感情的な喋りになって
    あたしに詳しく話す様
    求めたから話した

    井戸水の話なんて
    審査には凡そ関係ないし
    そんなこたー
    余計な話なのに
    女性はちゃんと聞き
    深く同情し
    労ってもくれた


    で、その後
    不動産屋の担当から
    電話が

    「保証会社から
    連絡ありました!
    審査の方
    バッチリ通りましたよ!
    何の問題なかったです!」

    保証会社の女性の
    あたしに対する情けも
    「審査に
    影響したのかなー」
    気がして
    勝手にありがたがった
    (笑)


    社長はこの物件を
    「奇跡の物件!」
    と言った

    その理由は
    滅多に空きの出ない
    人気物件で
    たまたま空きが出た事やそこにあたしが
    たまたま来て
    たまたま希望した条件が
    概ね合っていた事や
    家賃がそもそも
    34000円でも安い上に
    更に値引きされた事
    等々

    あたしにとっても
    その通りだとしたら

    それは内見して
    気に入って
    契約を決めた時だ

    今はわからない

    つーか
    これは博打だ

    内見は25日過ぎ

    それまでここに
    引越すつもりで
    段取りを進める

    内見してOKなら
    今のアパートを
    まんまと
    解約してやればいい



    「ダメだこりゃ!」
    ってなる可能性もある

    そうなったら
    また1から探し直しだ

    25日あたりで
    また1からだとしたら
    来月、またもう1ヶ月は
    このアパートに
    居なくてはならない
    だろう

    今度は
    家賃を払ってね
    (∇_∇)


    新たな物件の内見
    今居る物件の解約
    新たな物件の契約
    引越手配

    どうなるか
    わからないまま
    事は進む



    乗るのか!
    反るのか!



    乗れ!あたし!
    ライドーン!!!!!
    (`ノ◇´)ノ

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.10.22 Sunday
      • -
      • 22:35
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>
      PR
      selected entries
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM